まずは美容効果がある目尻切開とはどんな手術なのかを簡単に説明

目尻切開は、目尻の部分を少しだけ切ることで、目の幅を広げたり、きつい目の印象を優しい印象にすることが期待できる手術です。切れ長で、大きな目になることができるので、目が小さかったり、つり目で悩んだりしている人に人気があります。こめかみの部分の面積が小さく見えるようになり、相対的に顔全体に対する目の割合が大きくなります。このため、目尻を切開することで顔が小さく見える効果や、顔全体のバランスが整い、美しく見えるようになることも魅力のひとつです。目尻をほんの数ミリだけ切って縫い合わせるだけなので、手術時間が比較的短く、ダウンタイムの期間も1週間程度で、体への負担が少ない手術です。片目ずつ手術することもでき、人に気付かれにくいことも人気の理由です。

細い目やつり目の人に人気の目尻切開の美容効果

目は、顔の中でもその人の印象を左右する大切なパーツで、目が細かったり、つり目やたれ目など目尻の部分の印象にコンプレックスがあったりする人が多く、目尻切開が注目されています。手術は、まぶたの外側にある目尻の端を切って広げる方法で行い、目の幅を少しだけ外側に広げることができます。目尻の部分の皮膚を切ることで、数ミリだけ目尻を縦に大きくすることができ、横幅も少しだけ広がります。目の大きさが大きくなるので、細い目をぱっちりとした印象にしたり、つり目を優しい印象にしたりすることが期待できます。目の幅を広げることで、顔全体の中の目の割合が大きくなり、こめかみの部分の面積が小さく見えるようになるため、顔全体のバランスが整い、美しく見えるようになることも美容効果のひとつです。

目尻切開の手術の方法とダウンタイム

目尻の部分をメスで少しだけ切って広げる手術を行います。目尻部分の皮膚が余る場合には、少しだけ皮膚を取り除き、縦幅と横幅が少しだけ大きくなるようにしながら、自然に見えるように縫い合わせていきます。手術時間は、30分程度と短く、局所麻酔で行うことができるため、比較的体への負担が少ない手術です。手術直後はまぶたが腫れたり、目が充血したりすることがあり、ダウンタイムは、1週間ほどです。2~3日で、大きな腫れは引くことが多いのですが、気になる人は片目ずつ施術することができます。目尻を広げる手術をすると、広げた部分のまぶたには、まつ毛が生えてこないことが、知っておきたい注意点です。まつ毛が生えてこない部分はほんの数ミリなので、アイラインやアイシャドウで、自然にカバーすることができます。

実際に施術をするドクターが時間をかけて丁寧にカウンセリング致します。 頬骨削り、エラ削り、中顔面短縮、アゴ短縮など、正面だけでなく横顔や斜めからも小顔にする美容外科手術。 最新の医療設備を整えお客様をお待ちしております。 出っ歯、口元突出の改善ゆがみ改善など、釣り合いの取れた理想の骨格形成に導く美容外科手術。 顔のダイエットに効果てきめんのBNLS(小顔注射)についてご紹介しています。 目尻切開の効果が弱まってきた方へ